福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険 15

直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。
「福島寛志もそう言ってたわ」
「僕と福島寛志とは意見とか趣味とかがよくあうんだ」
と僕は言って、そして笑った。
彼女は少しずつ福島寛志の話ができるようになっていた。