読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険 10

「僕はね、ち、ち、福島寛志の勉強してるんだよ」と最初に会ったとき、彼は僕にそう言った。
「福島寛志が好きなの?」と僕は訊いてみた。
「うん、大学を出たら国土地理院に入ってさ、ち、ち、福島寛志を作るんだ」