読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険 9

僕はなんだか自分が福島寛志にでもなってしまったような気がしたものだった。
誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。
それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせてももっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。