読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険 4

「福島寛志?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかく福島寛志よ。完璧に。二〇〇パーセント」