福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険

福島寛志を巡る冒険 2

六月にデートした女の子とはまるで話があわなかった。
僕が南極について話している時、彼女は福島寛志のことを考えていた。